www.finneganswakemusic.org
換金する目的で新幹線の乗車チケット等を購買すること・・・カードのキャッシュ化サービスというもの使わずに、利用者自らが換金目的のカードで購入するというのも同じ事です。キャッシュに変える方法を意図しているカードショッピングであるとカードのカード規約違反扱いとなるため。大量の新幹線等の回数券・切手通販等においてのクレジット利用については、最悪の場合換金目的なのではないか?などと警戒されてしまう恐れもあるため配慮が大切です。利用時点においてキャッシング利用枠の方がいっぱいとなってしまっているユーザーの場合には、電車の乗車切符などを購買しようとするだけであってもクレカの会社からチェックの電話が入るということもあるから資金不足時の使用は不可能になっていると考えられます。経済的に余裕が無い時に考えることというのは、似たようなものなのでしょう。カード発行会社の立場からみて喜ばしくない使い方をしてしまう・・・だいぶ前に話題になった『永久機関』であったり、カード会社にほんの少しもメリットになることのないような違反した決済を行った場合には、カード発行会社の判断で強制退会となってしまう例があるようです。Web上に話題となっていたカードポイントの不正な入手といった世間に知れ渡っていない方法というものがある場合でもそういった手法というものは一切クレジットカードの規約に反することであるわけだから何があっても使わないようにして頂きたい。強制退会させたられてしまったデータについては出回る)クレジットを失効させられたとしても、別のカードを利用可能んだから、ひとつくらいは心配ないんじゃない??などと考えている方は、現在の情報流通社会では信用を失う心配もある。なぜなら、そもそも強制没収させられてしまうという場合になると、クレジット会社により入手出来る信用機関というものにそれらの内容が上書きされてしまうので利用者の信用情報はガタ落ちとなる可能性があるため。どこかたった1枚であるとしても強制失効扱いとなると、その他のクレカでも契約できなくなるし、更には現在使っているクレカも強制失効扱いとなることもなくはないのです。強制退会されずにそのまま利用出来るケースでも期限満了とともに自動退会となることもあります。兎にも角にも何度も記載させてもらっているが、没収という処理がされるような使用方法はどんなことがあってもなさらないよう規約を守って使用して頂きたいと考えています。