www.finneganswakemusic.org
初めての方向けの外国為替証拠金取引の雑誌では「マイナスになった場面ではナンピンすることで、全体の平均のコストを低くする」と助言されているがそれは相当大きな危険が待っています。まずは、ナンピン買いの手法に関して易しく述べておきます。仮に1ドル100円でドルを買ったとします。ドル買いだからドル高になるほど黒字を得られますが、不幸にして1ドルが95円まで円高・ドル安が進んだとします。このままの状況で保持し続けたとしたら損がなくなるまでには、5円分、円安に向う必要があります。投資家であれば、損は可能な限り早く0にしたいと思います。このため最初に売買したのと同じ量のドルを95円で買います。これで、全体の単価は1ドル=97.50円まで低くすることができる。これで、2円50銭の幅で円安ドル高に向えば損を取り戻す事が出来ます。こういったことがナンピン買いのやり方です。ナンピン買いのロジックを目にすると「まちがいない」という風に思うが相場はそう簡単には思い通りにはいきません。初めから、1ドル=95円が下値だということなどなんびとも予想できません。もし、外国為替市場が強い円高ドル安動向だったら1ドル=95円では下げ止まることなく更に一段のドル安に向う可能性は高くなります。一例として、97円50銭でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピンしたポジションにも損失が生じます。こういう状態では初めに売買したドルと一緒に、ダブルで損失が生じる事になります。それゆえ、ナンピンは難解です。それなら、外国為替市場が自らのストーリー展開とは逆向きに素早く行ってしまった場合どのような術でリスクを軽減すればいいのでしょうか。そこで選択できる手段は限られています。最初のひとつはあきらめて損切りをすること。もうひとりは、今現在、所有しているポジションを縮小することで再び為替が元のようになるのを動かないで待機する事です。ずいぶん消極的な方法だと思う投資家もいるだろう。だが、持っている買いポジションに損失が生まれた場合最もリスクが低い手段はこれ以外には考えられない。机上ではナンピンをする対策も効果的です。けれどもナンピンは、自分自身が損失を披っている状態で、買いポジションを減らすどころか、それとは逆に買いポジションを積んでいく考え方です。この手段では、リスクをコントロールすることなど、どうやっても可能ではない察するべきです。ナンピン買いを続ければその内利益を上げられるかもしれません。しかし、そうなる先に資金がマイナスになってしまいます。