www.finneganswakemusic.org
一般的に任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険ではまかなえない補償をしてもらえる凄く重要な保険です。これは任意保険に関しては自賠責保険の上乗せとして働きますので、自賠責保険で補える支払い能力を超えた場合に有用です。それから、自賠責保険だけでは対物損害に対しては保証されていないので、その部分をカバーする場合はさらに任意保険にも加入しておく必要があります。現時点で任意保険を納めている車を処分する時は、国産車や外国の車などことは関係なく、残金が返金されます。これは日本の車についても同じです。自動車損害賠償責任保険の場合、基本的にはそのままにしておくのが通例ですが任意保険というものは全ての人がかける保険ではありませんから、キャンセルをすることになります。そして契約解除したあとは今現在 支払い済みの返戻金が返還されることになります。車売却が成立した場合でもすぐさま任意保険を解除するのはリスクがあります。当然、早くキャンセルしてしまえばその分戻ってくる金額は増加しますが自動車店舗が離れた地域にあって自ら乗っていくことになった場合には任意保険に加入していない状態で運転をする必要があります。リスクを想定して必ずこの先自分が車の運転をすることはないという状況にする時まで任意保険の契約の解約手続きはすることのないようにしましょう。車を売却してすぐ他の車両に乗り換える場合だったら構わないですが、もし長い間車の運転をしない状態が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない時が存在する場合以前継続していた任意保険の等級が下がり、保険料が上がります。こういった状況では「中断証明書」を発行してもらうようにしましょう。この「中断証明書」を使えば、最長10年は無保険になる前の保険の等級を引き継ぐことができるのです。それから13ヶ月以内でしたら発行することが可能ですのでもしすでに車を売却済みで、「中断証明書」というものを発行されてもらっていないのならば、その保険会社やその代理店にその旨をお伝えください。仮にあなたが新たに車を購入してその後前に保有していた自動車を買取依頼するのであれば任意保険の加入は片方のみになってしまします。保険の契約し直しという処理になるため運転する必要がある所有車の場合、引き取りの際まで注意しましょう。そして任意保険の保険料は車の種類で保険料が変わりますから中古車買い取りのさいは任意保険の保険料を振り返る良い機会にもなります。